高価な登山用品、可能な限り安く揃えたい!

高価な登山用品、可能な限り安く揃えたい!

登山装備

 

私が登山を始めて最初に買ったものは登山靴です。
と言っても、ちゃんとした登山靴ではなく軽めのトレッキングシューズでした。

 

その時、店頭に並んでいた登山靴の価格の高さに驚きました。
そして、店内を歩き、ザックを見ては「高っ」、
レインウェアを見ては「高っ」、「あ、このシャツ可愛い、でも高っ」、
ペラペラの下着一枚なのに「高っ」、テントについては安くはないとは思っていましたが、
やはり「高っ」と呟いていました。

 

今となれば「まあそのくらいの値段はするだろう」と思いますが、
当時初心者の私は、山の装備について何の知識も無かったのです。

 

購入したトレッキングシューズは、デザイン性より価格を重視しました。
登山の装備を全て揃えるには一体いくらかかるんだろう、
と登山を続けていく自信と気持ちが多少揺らいだのを覚えています。

 

次に買ったのはザックです。
本当はピンクか黄緑の可愛いザックが良かったのですが、
60Lの灰色と黒の地味な安いものを買いました。

 

レインウェアも、上はくすんだオレンジ、下は濃いグレーの
可愛いとは言えないものを選びました。

 

もちろん決め手は価格です。
知り合いの女の子が水色の可愛いレインウエアを着ており
「雨の日は憂鬱だけど、お気に入りのレインウエアを着れば気持ちが明るくなるんだ」
と言っていて、全身くすんだ色に包まれていた私は、
ちょっと恥ずかしくなったものです。

 

でも、山に登っていると、身に着けているものが可愛いかどうかなんて
どうでもいいことに気づきました。
そりゃ可愛くないより可愛い方がいいのだけど、
可愛くないからと言って楽しさが無くなるわけではありません。

 

冬山に行くようになると、ますます装備にお金が必要になりました。
そこで私がよく利用したのは古着の山岳用品店です。
半年ほどカナダに滞在しており、そこでスキー靴や登山靴、厳冬期用ウェアを揃えました。

 

特にウエアでは、体格の良い欧米人の男性のxsサイズや女性のsサイズの売れ残りが多く、
安い古着が更にセール価格になっているため、かなりお得に購入できました。

 

古着なので多少しみが付いていることもありますが、私は全く気になりません。
色はやはり地味なものが多いです。

 

買い替えるお金が無いからというわけでは無いですが、
私は登山用品を大切に扱います。
ちょっとした日帰り山行でも、登山靴やザックのメンテナンスは欠かしませんでした。

 

ちゃんと手入れをしていれば、安くても古着でも問題なく使えます。
現に私が最初に買った60?の地味なザックは海外の3週間の遠征でも問題無く使えましたし、
古着の厳冬用登山靴も今でも問題なく使えます。

 

でも、安さを追求しすぎて失敗したことが3回あります。

 

1つ目は靴下です。
スポーツ量販店で10足いくらで安く売っていたもので、
「靴下はこれでいいだろう」と深く考えずに購入しました。
でも素材が自分の肌に合わず、足が変に締め付けられて、歩けなくなりました。

 

2つ目は古着のバラクラバです。
ちゃんと試着をしなかったため、空気穴が合わず、苦しいし、
ゴーグルは曇ってしまいます。
時々外して寒くなったらかぶって、を繰り返しました。

 

3つめはサングラスです。
氷河用のサングラスが高かったため購入せず、
いつもの普通のサングラスで氷河を歩いたら、雪目になりかけました。
トレーニングとしての2日間の山行の時だったため
大きなトラブルにはつながりませんでしたが、
これが本番だったらと思うとゾッとしました。

 

装備の不備が山では大きな事故につながるので、
本当に気を付けなければならないと思いました。

 

こうしてだいたい全ての装備を安く安く揃えた私ですが、
1つだけ贅沢をしたことがあります。

 

それはあるブランドのショッキングピンクのアウターです。
ふらーっと入った山岳用品店で一目惚れをしました。
値段はもちろん高いです。
有名なブランド品です。女の子に人気です。

 

迷うこと1時間、気が付いたらレジで清算していました。
私にとってはかなり高い買い物になってしまいました。
でも、正直なところ、可愛いものはやはり着るたびにウキウキしてしまうものですね。

 

買って良かったです。

 

 

初心者はまず必要最小限を購入してレンタルしては?